2021年02月23日

皆既日食は世界の終わり?

 皆様、こんばんは😌

 今日2/23は、1980年に、Crazy Little Thing Called Loveが、クイーン最初のアメリカ🇺🇸チャートNo. 1になった日、だそうです。

 無機質なはずの駅のモールの変な場所にカバーが貼ってある。ん?見上げると、パイプの先っぽに、空になったツバメの巣。巣からの落とし物で、通行人が被害を受けないように貼られたビニールだったのです。
 いっぱい落とし物があったようなので、無事に巣立ったのかな。
 こんなことに、ほっこりします😌

 
 今日は残業したから、真っ暗になっちゃったけど…
昨日、帰りにボラプカラーの空と、日の入りを見ました。でっかい太陽が、半熟卵の黄身みたいな濃いオレンジ色から赤くなって、見えなくなった。
 それを見て、中世の人たちが、皆既日食で世界が終わると思ったのが、わからなくもないなーと思いました。
 祈りの代わりに、当時最高の歌手に歌わせたりした…というのは、映画の脚色かもしれませんが…。

 その映画というのが、1994年の『カストラート』。
 その最高の歌手というのが、18世紀のカストラート(去勢され、ボーイソプラノを保ったまま大人になった男性歌手)、ファリネッリことカルロ・ブラスキ。
 映画では、カウンターテナーの男性と、アルトの女性歌手の歌声をミックスして製作されたので、主役のファリネッリを演じた、ステファノ・ディ・オニージは、その声を聞いて気分が悪くなったと話していました。
 ボラプでも、フレディの音源がない部分は、マルク・マーテルさんとラミの声をミックスしていて、今や別段珍しくもない技術でしょうが、最後のカストラートでさえ1922年に亡くなっているので、誰も生で聞いたことはありませんし、相当な苦労があったと、ドキュメンタリーでやってたのを見た記憶があります。

 カストラート。ご存知なかった方は、びっくりなさったことでしょう。
 昔は教会では女性は沈黙を守らなければならないという決まりがあったそうで、聖歌や演劇に女性を起用できなかったことから、16世紀から、第二成長期で声帯の変化が起きる前に、美しいボーイソプラノを持つ少年を去勢し、歌わせるということが、長らく行われて来たそうです。声はそのままだけど、胸郭は大きくなるので、声量や持久力は成人男性。ピークでは、年間4000人というから驚きです。
 時代が時代なので、口減らしのために同意する親もいたそうです。
 ローマ教皇によって、正式に禁止されたのは、なんと1878年!遅すぎやろ!😱
 もちろん、衛生面の良い時代ではないので、命を落とした子も多かったようですし、成功したのは一握りだったようですが。
 今回検索してみて知ったのですが、あのベートーヴェンも美しいボーイソプラノの持ち主で、カストラート候補に挙げられたものの、父親が許さなかったと。もし、お父さんが許してたら、第九は存在しなかった、ということですよ〜!😱😱😱

 ちなみに、この映画でも出てきますが、ヘンデルのOmbra mai fuオンブラ・マイ・フがカストラートのために書かれた曲。
私が歌いやすかった曲なので、多分普通のソプラノさんでは、キーが低い。
 これも映画に出て来る曲で、同じヘンデル作曲の、Lascia ch’io piangaラッシャ・キオ・ピアンガが大好きで、先生がコレを選んでくれた時は大喜びしたなぁ。歌っても、楽器吹いても中音域が強い私には、ちと高い。高いんですよ!なのに、歌うの、カストラートは!うーん、私の声は、男より低いわけか〜😅
 ちなみにこの曲のタイトル、日本語訳では、『私を泣かせてください』になっていますが、泣かせておいてください、泣いていても放っておいてください、という意味です。
オペラ『リナルド』で、囚われの身のアルミレーナという女性が運命を嘆いて歌うアリアですが…、なぜそれをファリネッリが歌ってたんでしょ〜⁇オペラの女役をやってたわけではないはずなのに…?これも映画の演出かな。

過酷な運命に涙し
自由に憧れることをお許しください
私の苦しみによる憐れみだけによって
苦悩がこの鎖を打ち壊してくれますように

 日本語は変だけど、楽譜に載ってる歌詞の対訳。
 ある意味、コロナで家に閉じ込められている現代人も、こんな気持ちになった人がたくさんいたのではないかと感じます。
 日本の歌舞伎も、女人禁制だから、女形というものが存在するわけですが、こんな恐ろしいことをされなくてよかったね。
 しかし、伝統芸能も、いつまで女人禁制を守り続けられるでしょうね。

 声楽をほんの少しの間、習うきっかけをくれた伯父も、父を亡くした私にレッスン料はいらないから歌いにおいでと言ってくれた先生も、すでに故人です。就活も忙しくなって、辞めちゃったけど、先生にはまたお会いしたかった😭
 もうあまり声も出なくなりましたし、楽器も出すことすらなくなった昨今ですが、あの頃出会ったもの、出会った人たちが、視野を広げてくれたことは確かです。
 習い事って、いいな😌
 コロナで、習い事をやめざるを得なくなった子供も多いそうです。早くみんなが元通りの、誰にでも会いたい時に会える、やりたいことがやれる世界に戻ってくれますように!

 
 
 残業して帰宅したら、Q友さんから、素敵すぎる、ハンドメイドQブローチの数々が届きました😍😍😍
 高級感あるオシャレフォトフレームを小さくしたような、ビーズで縁取りされたディーキー💘💘💘
 もぉ、大好きなディーキーが、Q友さんが一つ一つ繋いでくださったビーズで、更にキラキラ輝いてる😍😍✨💕💘
 勉強するつもりだったけど、さっきからずーっとデレデレ見てます😆😅勉強やーめた!😅
 ストレスの多い、私なんかよりもっともっと過酷な職場で働きながら、こんなに手間のかかる、集中力の必要な作品を、私にプレゼントするために作ってくださってたなんて、本当に感動します✨😭
 出逢って13ヶ月、同じ医療従事者だからわかってもらえること、できる相談がたくさんありました。心ない言葉を投げつけられて、ひどくショックを受けた時も、助けてもらいました。どんなに心強かったか知れません。
 そんなかけがえのない友達を得られたQAL。ボラプがなかったら、出逢えない人でした。フレディが、ディーキーが、繋いでくれたご縁に、心から感謝🙏
 本当にありがとうございます💕💕💕💘


 クイーンは太陽☀️
 やっぱり皆既日食は、世界の終わりかもしれません😆
今日も仕事中に、ラジオからドンストが流れて来て、エネルギーチャージできたし😆


 クイーンが繋いでくれたご縁に、救われています、支えられています、生かされています。
メイちゃん並みに長い私の文章を、いつも読んでくださる皆々様に、心から感謝しております😌いつもありがとうございます🙏


私の大好きな、この写真で作ってくださいましたー!💘😍
13DE3DA7-0550-4E4C-9186-FFED4D2D6F96.jpeg
posted by masayo at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください